海外旅行の持ち物|WiFi

まず最初に、「なぜパケ死に陥ってしまうのか?」ですが、携帯やスマホって海外に行くと勝手に回線見つけて繋がります。

その繋がった先が提携している通信事業者じゃなかった事に気付かないで、ネット見たりメール受信したりしていると、あっという間に数万円の通信料になってしまうのです。

また、たまにニュースで報道されるけど滅多に無いとは思いますが、公衆WiFiを装ったフィッシングサイト。これは危険です。

余程注意していないと気づきませんので、気付かないうちにカード番号やパスワードとかを読み取られます。

また、国内だと送信側のみ課金されるメールの通信料も、海外だと受信側にも課金されるなどルールが異なるケースがあります。それを知らずに迷惑メールや写真が添付されたメールを受信したりすると一気に通信料が高くなってしまうのです。

知っている人も居ると思いますが、ドコモなどのキャリアも海外旅行向けにパケット定額制のプランを用意していますが、日額で2980円とそもそもが高いです。

10日間の旅行で29800円! そんな高額のお金を使ってまで使う人はグッと少なくなります。しかも接続する業者を間違えると、帰国後数週間で高額請求が届いてしまう可能性もあります。


電話に関しても同じで、確かに海外に行けば国際ローミングで電話も繋がりますが、これには落とし穴があって、通常国内では掛からない着信側にも課金されます。

例えば、ソフトバンクを中国で使って電話を受けた場合には、1分間で145円もの通話料がかかるのです。auのグローバルパスポートの場合は1分間に180円と更に高額なんです。

普段あなたはどの位通話しますか? 考えただけで恐ろしい金額が掛かるのは分かりますよね。

そうこう考えているうちに怖くなったり面倒になって、結局スマホの電源を切って旅行が終わるまで使わない事になったら、せっかく旅行前はフェースブックやツイッターで旅行を紹介したり、情報調べたりして楽しむ予定が台無しです。

仕方なく現地で割高なWiFiを借りることになる位なら、出発前にレンタルwifiを借りることをお勧めします。


海外旅行先でお得に電話やネットを使う方法

それでは実際のスチュエーションで最もお得な方法を考えてみます。


携帯電話で通話のみ行いたい。

旅行先にもよりますが、国際電話は最低でも140円/分以上の通話料が掛かります。

1日に5分未満の通話時間であれば、各社の国際ローミングサービス(ドコモならWORLD WING))を申し込んでから渡航しましょう。

もしも1日に5分以上使う可能性があるなら、レンタルwifi+無料通話アプリがお得です。

一番安い韓国などのアジア圏では、680円/日でネットにつなぎ放題になります。そして050plusなどの無料通話サービスを使えば、050plusアプリ同士であれば何時間でも無料で通話可能になります。

一番お得なレンタルwifiはこちら⇒ 海外WiFiならグローバルデータ

無料通話アプリの050plusはこちら⇒050plus

スマホで電話したりメールやSNSを更新したり、ネットで現地の情報を調べたい。

スマホを海外で使う場合にはパケット定額制に申し込みましょう。国内で普段使っているパケ放題は海外では使えませんので、海外パケ放題の申し込みが必要となります。

これでどんなに使っても2980円/日の定額で使い放題ですが、レンタルwifiを使う事で更にお得な680円/日で使い放題になります。

一番お得なレンタルwifiはこちら⇒ 海外WiFiならグローバルデータ

ちなみに普通のメールは1通100~300パケットで1通当たり約50円の通信料が課金されます。

もしも10通以上受信したり画像付きのメールを受信するようであれば、やはりレンタルwifiが一番お得です。

参考に1Mの写真を送る場合には、それだけでデータ量としては8192パケットで1638円掛かります。


ipadやノートPCを気軽に使いたい。

これも上プランのスマホのパケット定額制と同じで、レンタルwifiが一番お得です。



旅行先別の最もお得なレンタルwifiは?

レンタルwifiは渡航先によって多少価格が変わってきます。 ここでは代表的な渡航先についての価格をご紹介しておきます。


最近人気のアジア圏

韓国や中国、台湾、香港など気軽に行けて人気ですね。 これらの国へ行くならグローバルデータのレンタルwifiが680円/日と一番お得です。


根強い人気の南国リゾート

ハワイやグアム、サイパンなどの南国リゾート地は相変わらずの人気です。 南国リゾートへ行くならグローバルデータのレンタルwifiが980円/日と一番お得です。


北米、欧州、オセアニア

アメリカ、アラスカ、イタリア、ドイツ、オーストラリアなど海外慣れした方が好むエリアで最も得なのは、グローバルデータのレンタルwifiで980円/日です。


一番お得なレンタルwifiはこちら⇒ 海外WiFiならグローバルデータ



それでもドコモやAU、ソフトバンクを使いたいならここを読んで。

ここまで言ってもまだドコモとか使いたい人も居るでしょう。。。

それぞれのキャリアのプランと注意点を書いておきます。


ドコモ

海外wifiを申し込みましょう。 それだけで24.4MBまでは1980円/日、それ以上通信する場合には2980円/日で使い放題となります。

ドコモの対象エリアの国や地域であれば、自動的に通信事業者へ繋がるので手続きは不要です。

iモード携帯も同じ様に使えます。


au

海外wifiを申し込みましょう。 それだけで24.4MBまでは1980円/日、それ以上通信する場合には2980円/日で使い放題となります。

auの対象エリアの国や地域であれば、自動的に通信事業者へ繋がるので手続きは不要です。


ソフトバンク

海外wifiを申し込みましょう。 それだけで24.4MBまでは1980円/日、それ以上通信する場合には2980円/日で使い放題となります。

ソフトバンクは設定が必要です。手順としては、最初に国内でデータローミングとLTEをOFFします。 海外に到着したら、対象の通信事業者を選択して接続します。 帰国後に設定を元に戻しましょう。

ソフトバンクだけちょっと面倒ですね。


一番お得なレンタルwifiはこちら⇒ 海外WiFiならグローバルデータ


レンタルWiFiを選ぶ基準は?

色々説明してきましたが、WiFiって分かり難いですよね?

殆どの人がどうやってネットに繋がっているのか完璧には理解していません。

普通は携帯はちょっと前なら3G、今はLTEとかWiMAXなどの4Gで繋がってますが、レンタルWiFiはスマホやiPADから無線LANでレンタルWiFiに繋がって、レンタルWiFiがネット回線に繋がっています。

結局レンタルWiFiから先は3Gや4G回線に繋げるので、スピード自体はその時に接続した先の通信会社に依存します。

逆に言えばスピードはどのレンタルWiFiでも大きくは変わらないのです。

それでは何を基準に選ぶか?

これはもー価格とサービスしか無いですよね。

と言う事で、主要なレンタルWiFi会社を比較してみましょう。



レンタルWiFiの比較

旅先が1か国の場合
ブランド名 グローバルデータ グローバルWiFi テレコムスクエア
バナー 【海外WiFiならグローバルデータ】申込促進プログラム
レンタル
料金
海外WiFi定額
『Aエリア 680円/日』
韓国 / 中国 / タイ等
『Bエリア 980円/日』
ハワイ / グアム / イタリア等
『Cエリア 1,270円/日』
ブラジル / メキシコ等
『Dエリア 1,770円/日』
エジプト / パラグアイ等
『ヨーロッパ 1,270円/日』
海外WiFi定額
『Aゾーン 680円/日』
韓国 / 台湾 / 中国 / 香港等
『Bゾーン 980円/日』
アメリカ / グアム / カナダ / イタリア等
『Cゾーン 1,280円/日』
ブラジル / メキシコ等
『Dゾーン 1,580円/日』
トルコ / モルディブ等
海外WiFi定額
『アジア11か国※1』
700円/日
『ディビジョンA』
1,000円/日
アメリカ / ハワイ / イギリス / フランス等
『ディビジョンB』
1,200円/日
メキシコ / ブラジル / トルコ / ロシア等
キャンペーン情報 ベトナム 380円/日
インドネシア 380円/日
台湾 470円/日
中国 570円/日
シンガポール 670円/日
イギリス 670円/日
アメリカ 860円/日
その他
香港 470円/日
韓国 640円/日
タイ 640円/日
アメリカ 860円/日
ハワイ 860円/日
グアム 940円/日
イタリア 940円/日
アメリカ用テザリング 500円/日
利用可能国 全世界200以上の国・地域 175ヶ国・地域 世界95ヶ国・地域
各種割引 空港受取手数料 0円 宅配送料 0円 返却手数料 0円 空港受取手数料 0円 宅配送料 0円 充電バッテリー 1日無料 空港受取手数料 0円
WiFi受取 空港受取 0円/台
宅配受取 0円/台
来社受取 0円/台
空港受取 0円/台
宅配受取 0円/台
来社受取 0円/台
空港受取 0円/台
宅配受取 本州800円/件
来社受取 0円/台
その他
受取方法
本社(新宿)
宅配
博多港国際ターミナル
現地受取(ハワイ、韓国、台湾、タイ)
本社(渋谷)
宅配
本社(市ヶ谷)
宅配
WiFi返却 空港返却 0円/台
宅配返却 実費負担
来社返却 0円/台
空港返却 0円/台
宅配返却 実費負担
来社返却 0円/台
空港返却 0円/台
宅配返却 実費負担
来社返却 0円/台
対応空港 成田空港
羽田国際国際線
関西国際空港
中部国際空港
福岡国際空港
成田空港
羽田国際国際線
関西国際空港
中部国際空港
成田空港
羽田国際空港
関西国際空港
中部国際空港
福岡国際空港
お申込み
期限
 成田:出発日前日の17時(申込日が平日) 出発日2日前の15時(申込日が土日祝)
 羽田:出発日前日の17時(申込日が平日) 出発日2日前の15時(申込日が土日祝)
 関空:出発日2日前の17時
 中部:出発日2日前の17時
 宅配:出発日2日前の17時
 来社:受取希望日の前日
成田:出発日前日の17時(申込日が平日) 出発日2日前の15時(申込日が土日祝)
 羽田:出発日前日の17時(申込日が平日) 出発日2日前の15時(申込日が土日祝)
 関空:出発日2日前の17時
 中部:出発日2日前の17時
 宅配:出発日2日前の17時
 来社:受取希望日の前日
成田:受取希望日の前日15時
 羽田:受取希望日の前日15時
 関空:受取希望日の2日前15時
 中部:受取希望日の2日前15時
 福岡:受取希望日の2日前15時
 宅配:①受取希望日の前日15時(※北海道、北東北、和歌山県、中国四国、九州、沖縄は配達に2日かかりますので受取希望日の2日前15:00まで)
 来社:申込サイトを確認ください。
予備
バッテリー
1.予備バッテリー 210円/日 1.MiFi用予備電池 105円/日 2.充電用エネループ 210円/日 3.シガーソケット充電プラグ 105円/日 1.ライト 210円/日 2.レギュラー 210円/日 3.マックス 420円/日
補償に
ついて
1.安心補償パック・ミニ 210円/日 2.安心補償パック・フル 315円/日 1.あんしんパック 262.5円/日 2.あんしんパックフル367.5円 /日 1.安心補償スタンダード 210円/日 2.安心補償プラス 315円/日
おすすめ
ポイント
 1.日本人渡航者の93%をカバーする213の国や地域で利用可能!
 2.海外の6支社による現地受取などの充実サポート
 3.apple製品のキャンペーン
 4.24時間365日のフルサポート体制で安心
 5.海外出張応援キャンペーン中!  
1.海外用WiFiレンタルサービスを国内で最初に開始
 2.海外用WiFiレンタルサービス利用者数がNo.1
 3.海外で活躍している人や企業をサポート(イモトアヤコさん等)
 4.24時間365日専任のスタッフによるフルサポート
 5.日本人渡航国の90%以上をカバーする175の国や地域で利用可能
 6.申込日が平日なら渡航前日の17時までWEB予約が可能!(成田/羽田受取に限る)
1.各空港の直営カウンターにてiPhoneやPCへのWi-Fi設定方法などをサポート!
 2.渡航前日の15時までWEB予約が可能(成田のみ)
 3.Wi-Fi盗難・故障時など代替機のお届けサービス
 4.24時間365日専任のスタッフによるフルサポート
 5.LTE・4GのWi-Fiレンタルなら取扱いNO.1!
お申し込み 海外WiFiならグローバルデータ 海外専用グローバルWiFi テレコムスクエア

このページの先頭へ